Skip to content

中部経済新聞の三重県産学官連携特集にミズタニセイキの取り組みが掲載

中部経済新聞が三重県内の産学官連携に関して特集し、取り組み事例としてミズタニセイキが取り上げられました!

内容としては、弊社が観測ロケット向けの次世代エンジン「デトネーションシステム(DES)」の一部部品の加工に取り組んでいるというものです。
昨年夏、DESを載せた観測ロケット「S-520 31号機」がJAXAによって打ち上げられました。

当該部品の加工には高い技術力が必要で、ものづくり経験を持つベテラン技術者が活躍しました。

弊社は本件では名古屋大学と連携し、他の事例では名古屋工業大学や東京大学の研究ともコラボレーションしています。産学連携による効果について、社長は「自社の技術力向上」「社員の結束やモチベーションアップ」につながるとコメントしています。

PDF版はこちら▼

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.